FC2ブログ
 最近全てが、コロナを中心に回っています。ニュース、新聞、テレビ等々、ネタの殆どはコロナで、司法書士会に於いても、研修や会議等が延期になり、コロナに振り回されています。
 いずれは収束するのでしょうが、その傷跡はあまりに深く、経済的に困窮したり、法的な不安を抱える市民が爆発的に増加することは避けられない状況です。

 ・収入が減り、家賃・借金(ローン等)が支払えない
 ・結婚式や旅行のキャンセル料の支払いはどうなる?
 ・感染防止を理由に、会社から無休での休業命令をされた
 ・株主総会が開催出来ない・・・etc

 そんな時は、暮らしの法律家、司法書士に相談してみませんか。
先ずは、電話相談ですね。


 所要にて、香川学園に行って参りました。
 春霞の中、校舎に映える満開の桜、その足元には、なんとキジが。
 本日は、入学式の定番日で、桜も祝福しているのでしょうが、学生の姿は全くありません。
 さて、コロナの今後はどうなるのでしょう?
 司法書士会においても、研修や会議の延期等、大きな影響が出ています。一日も早く日常が戻るのを祈るばかりですね。
 そうだ、今日のお昼は、🌸さくらアンパン🌸にしよう!


桜

キジ

 宇部市内から小郡方面に向う国道190号線の常磐公園付近東寄りにある中央分離帯に、国境の碑があります。
 それは、長門と周防の国境を示す碑で、多分、国道が開通した際にどこからか移されたものだと思われます。
 東面には「周防」、西面には「長門」、北面には「国境」と刻まれていて、南面は何故か空白です。
 この碑は、長いこと気になっていて、車中からは数えきれない程に眺めていました。いつかは写メしようと思いつつも、なにせ交通量の多い国道ですので、近づくのは命がけです。
 この国境ラインは、宇部から阿武郡方面に流れるもので、宇部空港付近にも碑があり、法務局の旧公図にも「国境」の記載が確認出来るものがあります。
 まさに、マロンでなくてロンンですね。
 皆さんもぜひ探してみて下さい。幕末の風を感じますよ。



①国境

②国境(長門)


③国境(周防)

 1月は行く、2月は相続登記、これが司法書士のカレンダーです。
 ご存じのように、相続登記の未了は社会問題と化し、登記制度、誇張すれば、日本の社会制度をも揺るがす状況に至っています。
 所有者不明の土地は北海道に匹敵する面積に至っているそうで、公共事業、山林の管理、農業政策等に大きな支障が生じていることはご存じの通りかと思います。
 国も様々政策を推進し、相続登記の促進を促していますが、そこは、最前線の司法書士の踏ん張りどころでしょう。
 司法書士会では、下記の通り、無料相談会を実施しておりますので、この機会に是非ご利用下さい。
 やはり、「無料」は魅力ですよね。


相続登記お済ですか月間