FC2ブログ
 昨日、宇部市東岐波の「山口県立こころの医療センター」にて、家族会主催の成年後見制度の勉強会に参加してきました。
 講師は私で、主に、親亡き後問題、つまり、親が亡くなった後の知的障害を持った子供や、判断能力に欠ける子供の支援に係わる問題について、お話をしました。親も年を取って、自らの判断能力や体力自体も衰え、自分の死後のことに不安に感じるようになります。例えば、入院中の子供の面倒は誰が見てくれる?自分の葬儀は?財産はどうなる?遺言はどうしよう?保険は?等・・・  
 そんな時は、成年後見制度の利用を考えてみましょう。成年後見制度は、財産面や生活面で本人を支援し、本人が不利益を被らないようにサポートする制度です。具体的には、裁判所より選任された成年後見人がお手伝いします。親亡き後問題、深刻です。自らが全てを抱え込んでいませんか?息苦しさや閉塞感を感じていませんか?そんな時は、先ずは、ご相談ですね。
 成年後見のヤヤ詳しい内容は、クラブきららマガジン30号の15、16ページを参照下さい。