fc2ブログ
 預貯金や不動産の相続手続を行うには、亡くなった方の出生から死亡迄の連続した戸籍が必要となります。
 戸籍を取得する方法は、出頭又は郵送、本人又は代理人、市役所又はコンビニ交付等の組み合わせです。
 又、戸籍は、法改正、転籍、婚姻、離婚、養子縁組等の都度、新たな戸籍が作成されますので、コンビニ交付を除き、各本籍地に請求することが必要となります。
本籍地は、住所地と関係ありませんので、住所地と遠く離れた場所に本籍地がある場合には、取り寄せに時間と手間が掛かってしまいます。
 そこで、今年の3月1日より、何処の市役所でも自らの戸籍や亡父等の直系の戸籍を「いもづる式」に取得出来るようになりました。
 これは、市役所にとっても、申請人にとっても、大幅な経費削減に繋がりますので、有難いことですが、1カ所の市役所で全ての戸籍が取得できる訳ではなく、しかも、本人が市役所に出向くことが条件となりますので、その点、注意が必要です。
 このコンピューターの時代に、これまで広域交付が出来なかったことの方が不思議な気がします。日本と類似の制度である韓国では、相当以前から「広域交付」が行われていましたので。