FC2ブログ
  番組「司法書士萬守が行く!」がスタートして10年が経過し、今年の9月11日で記念の500回目を迎えました。
 そもそもは、2ケ月程度の放送を予定していたのですが、ズルズルと10年間も放送を継続出来たのは、先ずは、「FMきらら」がお隣であること、スタッフの協力があったこと、自由に話させて頂けたこと、または、自らの才能?等が要因と思われます。
 番組の企画趣旨としては、「身近な法律問題」を、楽しく、分かり易く取り上げることで、当初のテーマは、「キャッシングが出来なくなった!」と言うものです。それは、当時、多重債務が社会問題となり、金融庁が借り入れ枠に制限をかけた、いわゆる総量規制の問題で、正に生活に密接する重要なテーマでした。
 以降は、過払金、相続、遺言、土地の境界、離婚、成年後見、最近ではコロナ禍等々、法改正や裁判例を絡め、身近な話題を随時取り上げて来ました。
 10年一昔と言いますが、司法書士業務を通じてみても、IT化を含め、本当に世の中は変わるものだ、とつくづく実感しています。
 
 次は、2年後、600回目指して頑張ります。