FC2ブログ
 今年の7月1日から施工された民法909条の2の定めによる「預貯金の仮払い手続き」を行ってみました。
 亡くなられた人の預貯金は、その相続人全員の印鑑がないと引出せないのが原則ですが、前記立法により、「俺の分だけ取り戻す」ことが出来ることになりました。
 俺の分だけ取り戻せる金額は、自らの法定相続分に3分の1を掛けた金額で、各金融機関毎に金150万円が上限です。
  
 具体的な計算は下記の通りです。
 預金500万円×2分の1(妻の場合)×3分の1=833,333円

 相続人の1人が行方不明、又は不仲等、相続人全員の印鑑が揃わない場合には、是非一考の手続きですね。



     郵便局