FC2ブログ

 5月29日(月)から、上記の制度がスタートします。法務局肝いりの制度です。
 その目的は、相続登記を促進しようと言うもので、相続手続きの簡素化を目指したものです。相続登記が促進されれば、社会問題となっている、空き家や所有者不明土地問題の解決に役立つと考えられているのです。
 これまでは、不動産の名義書換えを初め、預貯金の払戻し、株式の名義変更や保険金の請求等、その都度に戸籍の束が必要でしたが、今後は法務局が認証した相続関係説明図1通を提出すれば、その束の提出が必要なくなります。
 随分な簡素化のようにも思えますが、先ずは、戸籍を集めること自体が大変なので、その辺りが改良されるともっと相続手続きが身近なものになるのでしょう。
 
 なんと、相続関係図の認証は無料だそうです。
無料とは、いつの時代も良い響きですね。