FC2ブログ
 平成28年12月19日、最高裁は大きな判例変更を行いました。
過去の判例では、「預貯金は相続開始と同時に当然、法定相続割合で機械的に分けられる」とされていました。
 預金者が死亡すると、金融機関は口座を凍結し、一旦預金の引出しを停止します。凍結を解くためには、遺言の執行、遺産分割協議の成立、「俺の分だけ取り戻す」の何れかを行う必要があったのですが、「俺の分だけ・・・」が今後は出来なくなったのです。
 確かに、生前贈与を受けた相続人も、それを差引かないで、預貯金の法定相続分も受け取ることが出来るとすると、やはり、不公平なのでしょう。
 今後は、遺言が増えるかも知れませんね。
 尚、当事務所ホームページの「預貯金の払い出し手続き」の項については、今後書換えが必要となりましたので、ご了承下さい。