FC2ブログ
 最近、某消費者金融からの動産執行事件が多発しています。 
 動産執行とは、判決等に基づいて、裁判所が家財道具や軽自動車を差押える手続きですが、一般的には、差押え対象物がないため、殆どが執行不能に終わります。
 しかし、例え、執行不能に終わったとしても、債務者の受ける精神的ダメージは察するに余りあり、借金の事が家族に知れたりする切っ掛けになったりします。
 
 そこで、確認です。その判決は10年以上前のものではありませんか? そうであれば、貸金は既に消滅時効により支払い義務が無くなっている可能性が高いのです。
 一番まずいのは、支払い義務が無くなっていたにも拘らず、一部入金を行ったり、支払いの猶予を求めたりして、時効を中断してしまうことです。
   
 先ずは、突然に動産執行に至ることはありませんので、督促状が届いた段階で司法書士等へのご相談をお勧めします。
 相談料は、法テラスの援助が受けられたりしますので、その点もご相談されたら如何でしょうか。

 尚、判決には至っていない借金については、最後に支払った時より原則5年で時効となりますので、併せてご確認下さい。

 時効の知識がなかったり、時効の判断を誤ると、思わぬ金額を支払うことになります。恐いですね。