FC2ブログ
 1月は行く、2月は相続登記、これが司法書士のカレンダーです。
 ご存じのように、相続登記の未了は社会問題と化し、登記制度、誇張すれば、日本の社会制度をも揺るがす状況に至っています。
 所有者不明の土地は北海道に匹敵する面積に至っているそうで、公共事業、山林の管理、農業政策等に大きな支障が生じていることはご存じの通りかと思います。
 国も様々政策を推進し、相続登記の促進を促していますが、そこは、最前線の司法書士の踏ん張りどころでしょう。
 司法書士会では、下記の通り、無料相談会を実施しておりますので、この機会に是非ご利用下さい。
 やはり、「無料」は魅力ですよね。


相続登記お済ですか月間

 今年も、こんなに沢山のお歳暮を頂きまして、有難うございます。そして、恐縮しております。
 お花やコーヒー、高価なものではタラバガニまで、10年以上も律儀にお送り頂いている依頼者の方もいらっしゃいます。
 毎年、この時期は、今年を振り返り、反省すべきは改め、来年に向けての決意を新たにするのですが、これまで誇れるような改善も無いことから、来年こそは成果を、と意気込んだりしている今日この頃です。

 来年も色んな事があるのでしょうね。
 人生色々♪ですから。

   お歳暮

 誕生日は、毎年の節目ですので、何となく人生を振り返ったりするものです。
 もしかして、昔だったら、死を意識する年なのですが、自分としては、まだまだ血の気の引かない、万年成年だと思っていました。
 しかし、最近は、頭に白い雪がぽつぽつ、近眼に老眼、腰痛、右足のしびれ等、金属疲労がちらほらで、♪若くはないは昔のように♪と思い始めているところです。
 毎年、律儀にもスタッフが注文してくれるケーキの表情は、何故かにこやかです。これからは、「にこやか初老のスーパー萬守」で頑張ります。
  
 応援の程、宜しくお願い致します。


    11月21日(お誕生日)

 人は一生勉強!だそうで、自治会が運営する勉強会の講師を勤めて参りました。
 会合名は「まなびーや」です。「何々しーや」と言う宇部の方言、なんとも良い響きですね。
 テーマは、今流行りの「エンディングノート」を教材としたもので、所謂、終活に関するお話です。
 受講者の皆さんには、面白く勉強して頂けるよう、いつもの調子で1時間30分ほどお話したのですが、なにせ、いつもの調子で、脱線が多く、予定の内容の10%で時間切れとなってしまいました。
 次回、候ご期待と言ったところでしょうか。

     1・郁ャ帶シ費シ雲convert_20191028174508